美容鍼灸 総論と最新の話

美容鍼灸の効果は、

ほうれいせんを薄くする、シワを薄くする、顔のリフトアップ、顔艶と張り、

肌荒れ、左右均等性(人の顔は左右非対称の方が99パーセントです。)目の下のくま(理論上、美容鍼灸など直接的な施術しか効果はありません。)等

に効果があります。

使用する鍼は使い捨ての鍼を使い、40本から80本、顔、或いは頭に打っていきます。

実は鍼の値段もピンキリで安い鍼と高い鍼では3倍くらい値段に差があります。

そして非常に種類が多いです。世に現存する使い捨ての鍼は全て使用しました、その中でもっとも効果が高く、高価な鍼を使用しています。

基本的には2種類の鍼を使い分け、2週間に1度、計6回の施術を目安にさせて頂いています。(自分自身で効果が実感でき、

他の人から綺麗になったね、痩せたねと言われる目安と思って頂ければと思います。1回では効果が無いわけでは決してありません。)

あくまでも治療では無く美容なので、ご予定の都合などでご自由に施術頻度はお決め頂く事が出来ます。

長い方だと6年間、毎週施術を受けられている方もいます。男性です。とびきり若いです。

顔の美容鍼灸施術中は身体に触ることが出来ません、しかし只寝ているのももったいないので、

ハイパーメドマー(下半身のむくみを取る機械です。病院、高級エステでも使われています。)や

全身に鍼を打ったりして血液循環を良くして参ります。

 

SAKIUTAで使う美容鍼は太い鍼を使用させて頂いております。

最近、テレビ、メディアで美容鍼が取り上げられよくその光景を見ますが、

断言してもいいです、9割方効果が無い細すぎる鍼を使っています。全く痛みの無い、

鍼を使用して意味がないものを無痛鍼と謳う鍼灸師。

残念になります。技術の無さを無痛と謳うのは勝手ですが、効果があるというのは詐欺行為だと思います。

少し強めに書いてしまいましたが、美容鍼をやる者として偽者がまかり通るのはどうしても許せませんでした。

効果が無く痛みの無い鍼と、効果の有る痛い鍼、比べるまでもありませんよね。

東洋医学を美容に応用するのには大変な知識と技術が必要となります。

そして美容鍼は経験がどうしても必要になり、エビデンス数が増えるまでに膨大な時間がかかります。

セミナー講習、海外研修、現場経験を積み重ね、長い年月をかけようやく技術料を頂いて美容鍼灸をすることが

本物の美容鍼灸だと思います。

どこの鍼灸院でも美容鍼灸をやり始めた気がします。なぜなら集客が見込めるからです。

 

総論と最近美容鍼灸事情を書きました。美容鍼灸を長年やっている者として強めですが

真実を書きました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>