寝違え

朝起きたら、首が痛くて動かない。
皆さん、そんな経験はおありでしょうか?
おそらく、大半の方は人生で1度は経験しているかと思います。

その症状は一般的に「寝違え」と呼ばれております。
そんな「寝違え」の症例報告をさせて頂きます。

まずは首の可動域(前屈、後屈、側屈、回旋)と肩甲骨の可動域を確認し、どの動作が最も痛みが出るかを確認し、原因を探ります。
「むち打ち」のアプローチと同様、初期段階で首に対してアプローチすることはなく、肩甲骨周辺(特に肩甲骨の内側)と肩上部、腕を中心にマッサージや指圧を施し、首に対して間接的にアプローチします。
そのようにすることで、首の筋肉の緊張が和らぎ、痛みも徐々に取れていきます。

なぜなら、寝違えは肩甲骨の可動域が悪くなって、起きる事が多く、肩甲骨周辺や肩上部には僧帽筋や肩甲挙筋といった頚椎に付着している筋肉が存在するからです。(画像参照)

肩周辺筋肉

そして、最後に肩上部に圧をかけながら、首の側屈、回旋をしてもらい、可動域を広げていきます。

以上が、「寝違え」の症例報告ですが、治療の効果は、症状の重さなどによって個人差がありますので、痛みが残る場合は、続けて来院して頂いてます。


交通事故治療 「腰痛」

一般的な腰痛の原因は日常生活における不良姿勢・スポーツ選手における無理な練習・労働者の作業姿勢など様々です。
一方で、交通事故による腰痛は外部からの強い衝撃により、腰を強打したり、腰が捻れてしまうことにより急に痛みが走ります。

当院に通院されている患者様でよくある症状が「電気が走るような痛み」、「腰を曲げると鈍痛が走る」、「立ち上がる時に痛む」、「長く立っていたり、座っていたりすると痛む」などが挙げられます。

そのような症状に対して、SAKIUITAでは以下のような治療を施します。

まずは、どのような時に痛みが出るかを患者様と一緒に確認し、原因を追求していきます。
患者様によって、症状は異なるので、ここでは最も多い症例をご紹介させて頂きます。

初期段階(急性期)としては、腰を支えている殿部(おしり)の筋肉、ハムストリング、股関節、腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)の筋の緊張を取り除き、腰に対して間接的にアプローチしていきます。(画像参照)

腸腰筋

それによって、腰周辺の筋肉の緊張が和らいできて、痛みも徐々に和らいできます。

腰に対しての直接的なアプローチは、痛みを増強させたり、症状を悪化させる可能性があるので、初期治療ではあまり行ないません。

痛みが取れてきたら、上記の治療と同時進行で、腰に対して直接アプローチを行い、痛みをさらに取り除き、腰の可動域を広げていきます。
また、予防法として、臀部と股関節のストレッチ指導や筋力向上を目的とした運動療法も取り入れていきます。

以上が、交通事故による腰痛の症例報告でした!


SAKIUTAの交通事故治療(概要)

SAKIUTAでは自賠責保険、任意保険、傷害保険、損害保険等、交通事故による保険を取り扱っており、

交通事故による治療を患者様に無償で行う事が可能な医療機関です。東京で遭った事故はもちろん、出先での事故にも対応致します。

突然、事故に遭ってしまい、「首の痛み」、「むち打ち」、「腰痛」、「背中の痛み」、「背中のつまった感じ」、「股関節の痛み」、「膝の痛み」、「頭痛がする」など、
お身体に症状がある場合や、骨折や脱臼などの症状も、お気軽にご相談下さい。

最後に、交通事故疾患は後遺症が一番の懸念材料となります。交通事故直後に症状が軽くても、治療をしないとその後に一生付き合っていく様な状態になりかねません。「面倒だなぁ」、「痛くないから大丈夫」と決め付けず、一度、私ども専門家にご相談下さい。
経験・知識ともに豊富な施術者が対応させて頂きます。

SAKIUTAの交通事故治療は以下の特性があり、他院との差別化を図っております。

① 長い施術時間
約60分の施術時間で、整体、マッサージ、電気療法など、症状に見合った治療を行わせて頂いてます。
また、医師の同意があれば鍼灸治療も可能です。
尚、施術時間に関しては、患者様のご都合に合わせて、短くすることが可能なので、その際は、お気軽にご相談下さい。

② 土日・祝日も休まず営業(年末年始・研修日を除く)
平日は仕事で通院できない患者様も安心です。

③ JR目黒駅東口から徒歩2分
お身体が辛くても、通院しやすい環境です。

④ 法律事務所との業務提携
保険会社と万が一トラブルがあっても、治療に専念できるよう、サポート致します。


鍼灸治療 花粉症 

2015年の花粉症は少し酷かったと思います。

自分は8年前に花粉症の鍼治療をして5年間は症状が全く出ませんでした。

3年前から朝だけくしゃみ、鼻水が止まらなくなりました。

そして今年、外出をした時に完全にやられました。

涙、鼻水、くしゃみと止まらなく、何も考えられなくなりました。

流石に8年間は効果が続かなかった様です。

SAKIUTAの花粉症の鍼治療は主に

涙と鼻水を止めることを主に行ないます。

目の周り、鼻の周りにあるツボをメインに

症状によっては頭、足、腕、お腹のツボに鍼を打っていきます。

症例報告としてツボ名を書くか少し迷っています。

特殊な漢字ばかりで分かりづらくなるならば経過、成果だけを書いていくことが良いのかまだ迷っています。

個人で出来るセルフケアのツボはしっかりと書いていきたいと思います。

 

 

SAKIUTAが提案する治療周期は2週間に1度、6回治療を行えば(花粉症が始まる少し前から始めるのがオススメです。)

その年、或いは翌年位まではかなり症状が緩和されると思います。

提案と現実は少し違い、自分は1シーズンに花粉症患者様1人に対して6回花粉症治療を行った事はありません。

6回行なわなくても効果を実感して頂いていることが多いからです。

多くても4回行なえばその年は大丈夫だと思います。不安な方は春2回。秋1回位でおおよそ症状が出ていません。

花粉症の鍼治療をするメリットとしては、薬を飲まなくて良いと言う事が挙げられます。

花粉症の薬は強烈なものが多く、眠さ、だるさを引き起こすものが多いです。

更に妊婦様は薬が飲めません。

副作用もなく、妊婦様も安心して受けることが出来ます。

 

面白い症例があります。

今年、ある家族に花粉症治療を行いました。

母さん、長女さん、次女さんの三人です。

母さんと長女さんには治療を行ったのですが、次女さんは今年治療を受けませんでした。

すると次女さんだけに症状が出たのです。

更に長女さんは妊娠中でしたので薬を飲めない状況でした。毎年酷い花粉症らしく、薬を飲めない今年は

大丈夫なのかと心配しておりました。そーです妊婦様も大丈夫なのです。症例数もあるので

安心して妊婦様も受けてみてください。

そして花粉症から少し話が逸れますが、妊婦の方はしっかりとした医療機関でマッサージを

受けるようにして下さい。最近リラクゼーション系のマッサージ店が多くなってきました。

医学的知識が全くないお店でのマッサージは危険です。

 

初めての鍼治療症例報告でしたが、如何でしたでしょうか?

もっと医学的な言葉を並べるとかやり方は色々あると思います。

今後もSAKIUTAで診た事がある症例を書いていきたいと思っております。

 

それでは最後に自宅で出来るセルフケアのツボです。

太衝(たいしょう)

写真にある足のツボを押してみてください。

ただ押している痛みではなく響く痛みならツボに当たっております。

そしてあくまで実戦での経験値なのでネット検索をしても花粉症=太衝とは出ないかも知れません。

ですが、ネットに書いてあることを書くのはSAKIUTAの症例報告として面白くないので

実際に効いたツボ、現場で使っているツボ等をお教えできたら幸いです。勿論ネットに出ているツボも使うことはありますよ!

それでは皆様また次の症例で!

たいしょう

 

鍼治療担当 根本有一郎


グローインペイン症候群(股関節痛)

一般的に鼠径部周辺の痛みを生じる疾患です。

原因は様々で、股関節周辺の筋肉の緊張、恥骨結合の炎症、関節唇の損傷、骨盤の前傾が強い

等々、いろいろな病態が重なり合って疼痛を引き起こすことが考えられています。

サッカー選手に多くみられる疾患ではありますが、中年女性などにも好発してみられます。

ダイナミックな動きで見られる事もありますが、立ちっ放しの仕事などでも負担がかかり疼痛を発症する事もあります。

股関節屈曲時に痛む、腹筋時に痛む、股関節を閉じる時に痛む、立ちっ放しで疼く等々があります。

SAKIUTAでは、個人個人の病態に合わせた施術を行ないますが大腿筋膜張筋・半腱様筋・薄筋・大臀筋の筋肉に注目し

その4つの筋肉の硬さや柔軟性を徹底的に元の状態に戻します。

その他にも内転筋・股関節屈曲筋などにもアプローチをし、症状を緩和させて参ります。

どの筋肉が動きが悪くなっているのかをしっかりと判断し、鍼灸での施術も行なって参ります。


肩甲骨内側の痛み

当院へご来院頂く患者様の症状でここ最近多いのが肩甲骨内側が痛いという症状。

パソコン作業や重い荷物を持つなどの動作で背中が凝って痛いんです。という主訴を持つ方がたくさんいらっしゃいます。

背中が痛い、深呼吸をすると疼く、肩が上げられない、首を前に倒すと痛みが走る、首が回らないなどなど。

症状が強い場合には手が痺れるなどの症状を訴える方もいらっしゃいます。

そんな症状、SAKIUTAにお任せ下さい。

当院ではその症状を完治させる事はもちろん、再発の予防まで指導いたします。

この症状を訴える患者様は、ほぼほぼ肩甲骨の内側に筋肉の硬結(シコリのようなもの)が触診できます。

原因は肩甲骨の可動域障害です。

肩が前に入ってしまうことにより、肩甲骨が肩関節に引っ張られ外側に開いてしまいます。

肩甲骨が常に外側に開いてしまうこと(肩甲骨の上方回旋)により肩甲骨内側から背骨に付着する筋肉が

常に緊張状態になり固まってしまいます。

筋肉の硬結が症状を出しているのには間違いないのですが、その硬結を無くすにはその硬結自体を揉み解したり

ストレッチしたりするだけでは絶対に症状は改善しません。硬結ができる原因は先述したように肩甲骨の可動域障害によるものだからです。

胸筋のマッサージやストレッチ・前鋸筋の柔軟性の向上を行なうことにより前肩の状態を改善することで症状は改善します。

その上で硬結状の筋肉に手技や鍼灸を加えると症状は完全に改善します。

もちろん、背部の疼痛には内科的疾患等の反射も考えられますので来院時には徹底した問診も行い

必要によっては専門医をご紹介いたします。

 


野球肩

野球肩とは投球動作による肩関節周辺の疼痛の総称になります。

滑液包炎・棘上筋腱炎・上腕ニ頭筋腱炎・インピンジメント症候群・骨端障害・棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の萎縮

関節唇障害などなど、まだまだ沢山の病態が考えられるのが野球肩です。

上記以外にも投球動作時に肩に痛みを生じさせる症状はあります。

もちろん、野球だけでは無くバレーボールやラグビー・アメリカンフットボール・テニスのサーブ・水泳・槍投げなど

様々なスポーツで診られます。

痛みが動作時の加速時なのかリリース時なのかフォロースルー時なのかなどで症状を判別します。

SAKIUTAでは肩甲上腕リズム(肩関節30度以降で肩関節2度外転時に肩甲骨1度上方回旋)が正常であるか、

投球動作時の肘関節の回旋具合は正常なのか、股関節の可動域は正常なのか、肩甲骨の可動域は正常なのかなど

たくさんの要因を追及し各個人に合った投球フォームの指導を行ないます。

インナーマッスルの強化メニューの提示やマッサージ・整体・鍼灸で過労性の肩関節の緩和を行ないます。

症状によっては専門医の先生をご紹介いたします。

 


野球肘

野球肘とは投球動作時により肘関節に疼痛を生じる事の症状です。

痛みの分類は様々で内側型・外側型・後方型にみられます。

この症状には個人個人で原因が異なり列挙するだけでは上げきれないのですが

主な原因として投球フォームの問題・股関節の柔軟性の不足・肩甲骨の可動域の不足・オーバーワーク・前腕屈筋群の硬さ・手首の使い方 etc….

などで発症します。

小学生・中学生では骨性の疼痛が多く、高校生から社会人になると靭帯などが原因で疼痛を起こしている事が多くなります。

SAKIUTAでは少年期の野球肘においては投球フォームの改善指導・リハビリメニューの消化・原因筋の柔軟性の強化を行い

改善へと向かわせます。症状によっては専門医の先生をご紹介いたします。

大人の野球肘に対しては、投球フォームの改善指導・肘関節周辺の筋力強化・肩甲骨の可動域向上・股関節の可動域向上

体幹の強化などを行ないます。鍼灸治療やマッサージなどで肘関節自体の可動域を正常に戻しスムーズな投球動作を

サポートいたします。こちらも症状によっては専門医の先生と提携し治療を御提案させて頂きます。


シンスプリントの痛み

シンスプリントの正式名称は『脛骨過労性骨膜炎』と言います。

文字の如く、使いすぎ・オーバーワークで発症するのが主な原因となっています。

症状としては脛骨下3分の1痛みが生じます。

初期症状は運動時のみ患部に鈍痛や不快感が現れるというもの。

悪化すると、立位だけでも痛みが生じ疲労骨折を起こしてしまう症状です。

部活やマラソンなどで走る練習が多かったり、ジャンプ系のメニュー、などに多くみられます。

原因はオーバーワークとお話しましたが、そのほかにも要因はあります。

ランニングフォームが悪い・靴のインソールの問題・コンクリート上でのトレーニング・柔軟性の不足・筋力不足・偏平足・O脚 etc…..

上記の事が原因で長趾屈筋・後脛骨筋・長母趾屈筋・前脛骨筋・腓腹筋・ヒラメ筋などが硬くなり骨に付着する部位で炎症を起こします。

SAKIUTAでは上記筋肉をマッサージ・ストレッチでほぐす処置はもちろん、鍼灸を行ないます。

また足底アーチを作る処置や足底アーチテーピングの指導・アイシングの指導・ストレッチの指導・ランニングフォームの指導を

行い症状を改善いたします。


交通事故治療 「むち打ち」

突然事故に遭い、首を痛め、「むち打ち」になる方はとても多いです。
過去に通院されていた患者様、現在も通院されている方の90%以上がむち打ちを訴えております。

事故に遭われると、それだけ首に対してダメージを受けるということです。

このような患者様に対して、SAKIUTAでは首の可動域(前屈、後屈、側屈、回旋)や、腫脹、発赤、熱感、圧痛などを患者様と確認し、どこに痛みの原因があるか、肩や腕に痛み・痺れが出るか等を把握し、その原因の部分(主に、筋肉と神経)に対してアプローチします。

多い症例としては、初期段階(急性期)に首周辺の筋肉(例えば、肩甲骨周辺の筋肉や、腕の筋肉)の緊張を取り除いていきます。
なぜなら、急性期は首に痛みがあり、マッサージや圧をかけることによって、痛みが増す可能性があるからです。

その後は、初期段階の治療と同時進行で、首の可動域を広げること、筋肉の緊張を取り除くことを目的に、首に対してアプローチをします。

もちろん、患者様によって症状や痛みのレベルは異なるので、上記のような治療が全てあてはまるとは限りませんので、患者様に合わせた様々なアプローチを行い、むち打ちの症状を取り除いて参ります。

以上、むち打ちの症例報告でした!