変形性膝関節症

変形性膝関節症の男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど発症率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や遺伝も関与しています。また骨折、靱帯や半月版損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎにより、すり減り、関節が変形します。

膝

この変形性膝関節症の症例報告をします。

症状:階段昇降時の痛み、立ちっぱなしによる膝の痛み、膝が伸び切らない、数年前に水が溜まる
整形外科による診断で「変形性膝関節症」と診断を受け、注射をうったが効果はなく、痛みが続いたため、当院へ来院。

まず、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングを中心にマッサージを行います。
また、膝の痛みをかばい、股関節や足関節の違和感を取り除くため、臀部、前脛骨筋のマッサージも行い、同時にストレッチも行ないます。

経過観察しながら、運動療法(自宅で簡単にできる筋力トレーニング、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリング)を指導し、患者様自身にやって頂き、膝に対する負担を軽減させます。

このようにマッサージと運動療法を組合わせた治療で、痛みを取り除き、再発予防をします。

変形性膝関節症は患者様自身の協力が必要不可欠となります。運動療法は何よりも継続が大事になりますので、時間、回数、負荷などは徐々に増やしていくことをおすすめ致します。

参考資料↓
変形性膝関節症


足底腱膜炎

足の裏には、「足底腱膜」と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、踵骨(かかと)から足指の付け根まで張っています。
足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底腱膜である。

足底腱膜

 

陸上競技や近年のマラソンブームにより、足底腱膜炎を訴える方は増えてきております。

足底腱膜部は中央部が特に緊張して、足の土踏まずを作っています。
ところが、繰り返し足底腱膜部分にストレスがかかると、踵骨(かかと)とつながっている部分で引っ張り合うような力がかかり、炎症を起こしてしまいます。痛みは慢性的な痛みで出てくることが多く、かかと付近(図参照)に痛みが出ます。当然、膜の中央付近でも痛みが出る場合があります。
これが痛みが発生するメカニズムです。

では、どのような治療をするかというと、まずは足底腱膜の緊張を緩めることを優先に治療を施します。
痛みが発生している箇所以外の足底腱膜部のマッサージをおこない、炎症が起きている箇所に対して、間接的にアプローチし、
足底腱膜のストレッチを同時におこない、緊張を緩めていくことが治療につながります。
このマッサージやストレッチによって患部に痛みが生じる場合は、下腿三頭筋(ふくらはぎ)、腓骨筋(すねの横)、ハムストリング(太ももの裏)のマッサージやストレッチを入念におこなうことによって、足底にかかる負担を軽減させます。

予防では、必要以上に足底腱膜に負担をかけないように、クッション性が高い靴底で、踵がしっかりしていて、足にフィットする靴を選ぶことをお勧めしています。

 


腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎(ランナー膝)はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな病態が含まれます。今回は、腸脛靱帯炎(ランナー膝)の症例報告をします。
腸脛靭帯炎は膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、痛みが発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します。

腸脛靭帯

さて、治療方法ですが、炎症が起きておりますので、まずはアイシングと安静にすることが重要と言えます。

同時進行で腸脛靭帯に付着している大臀筋、大腿筋膜張筋のマッサージをおこない、緊張を和らげ、血流を良くし、腸脛靭帯への負担を軽減させます。
また、O脚の方だと膝の外側に偏ってしまい、腸脛靭帯へのストレスが強くなるので、股関節や足関節の可動域を広げ、膝の外側への負担を軽減させます。

大腿筋膜張筋上記のような治療を行い、腸脛靭帯への負担を軽減させ、炎症を抑制していきます。

炎症がおさまり、痛みが消失した後はセルフケアを指導します。
ストレッチにより筋肉の柔軟性を高め、大腿部(太もも)の外側や臀部(おしり)を入念に伸ばし、ランニング後はアイシングをするよう指導します。
また、再発防止のためにマッサージなどの施術は有効なので、定期的な来院を勧めます。

ランニングフォームでは膝が外に流れないことと、小指側に偏った着地にならないように、フォーム改善を指導します。

このように治療から再発防止のための運動指導を行い、改善をします。


靭帯損傷 後遺症 リハビリ

靭帯損傷についての症例報告です。

靭帯損傷の分類と関節の分類を説明します。

関節の内外を補強する側副靭帯、関節腔内の関節内靭帯があります。

靭帯の損傷レベルはⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分かれ数字が大きくなるにつれ損傷具合が上がります。

Ⅰ度、軽度損傷(微小損傷)不安定性は無い。

Ⅱ度、部分断裂、不安定性有り、機能障害は軽度から中程度。

Ⅲ度、完全断裂、不安定性有り、機能障害は高度。

Ⅰ度からⅢ度まで全てに疼痛、腫脹、圧痛がある。

捻挫の場合、ほぼ上記のどれかに該当致します。捻挫とは靭帯の損傷と考えても間違いありません。

軽めの靭帯損傷治療は冷やす、周辺の筋肉をほぐす、関節の固定としています。お子様の来院は

ほぼこの損傷レベルです。

バスケット、バレーボール中の着地、柔道中の靭帯損傷はこれよりもう少し重い場合が多いです。

痛みが引くよう怪我周辺をほぐす、鍼治療などを行いますが、固定をして安静にする事が一番治りが早いです。

靭帯損傷から日常生活、或いは出来るだけ早く競技復帰をして頂くリハビリがSAKIUTAでの出来る事になります。

仕事に支障をきたす様な靭帯損傷もあります。週末にスノーボード等、日常的にしないことをして怪我をする場合です。

痛みを引かせる為に治療をすることは勿論ですが、革靴を履いての営業、8時間から10時間座り続ける仕事など

痛めた箇所に負担がかかり続け仕事が満足に出来ない方もいます。出来るだけ痛みを感じないように

その人の仕事内容にあう固定、リハビリ(痛めた箇所に負担がかからない姿勢指導など)を行ないます。


円形脱毛症

円形脱毛症は大きく分けるとⅠ型からⅤ型まで分かれ、

単発型、多発型、多発融合型、全頭型、汎発型となります。

単発型、多発型が多いとされ、その他の型は珍しい分類となります。

少し前まではストレスからくるものとされていましたが、最近では自己免疫疾患とされることが多いです。

単発型や多発型の症例数は多く、鍼治療や昔から美容室、理容室で行なわれていた手法を用いることにより、

治癒は可能となっております。(文献や皮膚科様の考え方によって治癒は不可能と断言している事もあります。

再発も多いためと完全治癒のエビデンスが無い為です。逆を言えば治癒しないエビデンスもありません。)

今日書いていきたいのは、珍しい全頭型の治療となります。

髪の毛が全て抜け落ちていく円形とは言いがたい脱毛症です。大体皮膚科に行ってからの来院が多いです。

ステロイド薬など塗り薬を処方される方が多いですが、浸透率を考えるとおおよそ効果的とは言えません。

あくまで現場での意見ですが、患者様の話を聞く限り髪質が変わった、白髪が生えてきた等が多く見受けられます。

どの型もそうなのですが、1人1人治療法が異なるのでこれをすればいいと言う事はありません。

白髪を切っていったり、頭の皮膚の固さをチェック後施術を行ないます。(頭皮の固さが明らかに通常時とは違います。)

再発が多いため、経過観察をしながらの治療となり、全頭型は時間がかかります。

髪の毛が無くなるということ自体がストレスになるのでストレスがかからぬよう様治療を行います。

以前はストレスと言われていたものが、自己免疫疾患と言われ、そして今後もっと詳しく

脱毛症のメカニズムが解明されていくと思います。

結果として治らないものではないと思います。全頭型は特に全部の毛が抜けるので治療を行った場所と

行なってない場所の違いが明らかに違います。

女性の方は特に相談がしにくい疾患で、何をすればいいか分からない方も多いと思います。

鍼で円形脱毛症が治ると覚えていただければ幸いです。

 


腓骨神経麻痺 

神経麻痺は神経の圧迫、断裂によりおこります。

病院に行っても経過観察が多いので、日常生活が不便だからと来院する方が多いです。

今回は足の腓骨神経麻痺の症例報告です。

 

20代、女性、正座をしていたら足の指が上がらずに動かなくなった。

病院で検査後、腓骨神経麻痺と診断されるが経過観察と言われる。

足が動かないことに不安を覚え当院に連絡、麻痺後直ぐに治療開始とする。

 

患者様は左足の指が上がらなくなり、指先が地面にひっかかり通常歩行が困難な状態でした。

麻痺後直ぐに来院されて頂いたので、結果だけを言えば2ヶ月と少しで完全治癒となりました。

治療中も徐々に良くなっていき、鍼治療の効果が主観的にも客観的にも実感できました。

治療内容と致しまして、股関節前、横、後のマッサージ。股関節前、横の鍼電気治療を行いました。

徐々に良くなるにつれテーピングの固定などで日常生活の補助も行ないました。

脱力した筋肉に鍼を打つ他、つぼの場所として足三里に打ちました。

(神経支配として筋枝、深腓骨神経。皮枝、外側腓腹皮神経となります。()内の文言は専門用語

となるので飛ばして頂いて構いません。)

1ヶ月して状態が7割回復した状態で今度は整体を施しました。1ヶ月不自然な状態で

日常生活をしている歪みの改善を行なう為の治療です。

最終段階として、麻痺が9割回復した状態でハイパーメドマー(むくみを取る機械です)に入りました。

2ヶ月と少しで完全に良くなりました。最初は1週間おきに通われておりましたが、お住まいが遠い方だったので

直ぐに2週間に1回となりました。この患者様の治療回数は6回でした。

麻痺治療は麻痺発症後早いほうが良いです。

次回の麻痺治療は手の尺側神経麻痺、橈骨神経麻痺の症例報告をしたいと思います。

 

 

 

 


鍼灸治療 不妊

最近は晩婚化が進み出産年齢が高くなる傾向があります。

女性は年齢を重ねるごとに妊娠しにくくなっていきます。データはネット上にたくさんあるので

あえて載せませんが、結果として妊娠しやすい身体、環境をつくることをお手伝いしております。

不妊の方は西洋医学の治療を中心に受けている方が大半です。

西洋医学を批判するのでは無く、不妊治療は東洋医学との併用がオススメです。

人工授精を批判致しません。物理的な治療法としてこれほど結果がでる治療法は今後も出てこないと思います。

しかし、親御様は子供を作ることが本来の目的では無いと思います。子供が無事に自分の人生を全うできるよう

幸せに育ってくれることが親の本当の願いなのだと思います。

子供が無事に生まれる様に産みやすい身体、健康な身体作りをお手伝いできたらと心から思います。

 

不妊治療は段階で違いますが、鍼灸治療、整体を同時に行なうことが多いです。

身体のバランスがずれている、骨盤がずれている、それを治せばとの言葉を良く聞きますが、おおよそ間違ってはいません。

ただ骨盤のずれをきちんと治せる所は数多くないと思います。知識と技術が両方必要になるからです。

これは経験も大切で、学ぶだけではとてもではないですが不可能だと思います。

そしてバランスは熱量のバランスも関係します。体温です。冷たいものが好きだったり、足が冷えている等

身体の歪みだけではなく、生活スタイル、内臓の問題も大きく関わってきます。

1人1人にあった状況を理解し、年齢、生活スタイル、歪み、悩み、西洋医学の治療の進み具合など

細かい部分を伺いながら治療を行います。

 

治療としてカウンセリング、骨盤の歪みを取る、そして不妊に対して効果のあるツボに鍼治療を行います。

個人で効果のあるツボは違いますが、最初は不妊治療の特効穴に打つことが多いです。

その後の治療は特効穴を使いながら、各人にあったツボに鍼灸治療を行います。生活スタイルの改善もこの頃には

良くなってくると思います。初期段階で妊娠する方も沢山います。

最初に西洋医学のデータを載せなかったのには意味があります。

データをみるとそれが全てだと思い、考えすぎてしまう方がとても多いです。可能性は希望からしか生まれません。

統計は結果であり、100%無理な事も明日には99%になっているかも知れないのです。

妊娠を望む方はその後のライフスタイル、メリット、デメリットをしっかりとお伝えしてSAKIUTAは

治療を行います。

妊娠は夫婦二人が手を取り合って初めてすることが出来ます。旦那様の理解が足りないと感じている

妊婦の方も沢山います。

ご相談頂ければ、旦那様に妊娠に向き合ってもらう方法や旦那様に直接説明する事も致します。

 

年齢、健康状態(喫煙歴等)、体温、生活状況等、様々な状況によって妊娠できる可能性は全く違いますので、

一概に何%妊娠するとは言えません。しかし色々な状況下で施術を行なって来た事は自信をもって言えます。

そして結果も出ています。

不妊でお悩みの方、相談だけでも良いのでご連絡お待ちしております。


ぎっくり腰

ぎっくり腰とは一般的に重いものを持った時や、小さい子供を抱っこした時、普段の生活の洗顔や咳・くしゃみ等、急な体幹の捻転時に起こる急性腰痛の事を指します。急性の筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニアの病態であることが多く、発生要因も様々ですが、主に年齢による筋肉の衰えや運動不足・急な運動などが考えられます。

当院でもぎっくり腰の患者様が来院されることは多く、上記でも述べたように、重いものを持った時や、小さい子供を抱っこした時などに「腰に激痛が走った」と訴える方が多いです。

そんなぎっくり腰でも、軽症の方と重症に分かれますが、今回は後者である重症例を報告させて頂きます。

重症の方は、「歩けないぐらい辛い」、「座ってても、立ってても辛い」、「痛くて曲げることができない」、「寝返りをうてないぐらい辛い」等々、日常生活に多大な影響を及ぼします。

そのような方に対して、まずは、腰の支えになっている殿部の筋肉(大殿筋、中殿筋、小殿筋)と腸腰筋、ハムストリングにマッサージや指圧といった手技療法を加え、炎症が起きている腰に対して、間接的にアプローチしていきます。(画像参照)

もちろん同じ体勢がずっと続くと患者様自身が辛いので、体勢を変えながら治療します。

腸腰筋

大殿筋2

 

 

その後は患者様と一緒に腰の状態を確認しながら、腰に対して徐々に直接アプローチし、筋肉の緊張や痛みを取り除いていきます。
治療効果は個人差があるので、1回の治療で10の痛みが5になる方もいれば、10の痛みが3になる方もいます。

ぎっくり腰は急性疾患で、初期治療が重要なので、連続で2~3回治療することをおすすめします。

以上、ぎっくり腰の症例報告でした!


寝違え

朝起きたら、首が痛くて動かない。
皆さん、そんな経験はおありでしょうか?
おそらく、大半の方は人生で1度は経験しているかと思います。

その症状は一般的に「寝違え」と呼ばれております。
そんな「寝違え」の症例報告をさせて頂きます。

まずは首の可動域(前屈、後屈、側屈、回旋)と肩甲骨の可動域を確認し、どの動作が最も痛みが出るかを確認し、原因を探ります。
「むち打ち」のアプローチと同様、初期段階で首に対してアプローチすることはなく、肩甲骨周辺(特に肩甲骨の内側)と肩上部、腕を中心にマッサージや指圧を施し、首に対して間接的にアプローチします。
そのようにすることで、首の筋肉の緊張が和らぎ、痛みも徐々に取れていきます。

なぜなら、寝違えは肩甲骨の可動域が悪くなって、起きる事が多く、肩甲骨周辺や肩上部には僧帽筋や肩甲挙筋といった頚椎に付着している筋肉が存在するからです。(画像参照)

肩周辺筋肉

そして、最後に肩上部に圧をかけながら、首の側屈、回旋をしてもらい、可動域を広げていきます。

以上が、「寝違え」の症例報告ですが、治療の効果は、症状の重さなどによって個人差がありますので、痛みが残る場合は、続けて来院して頂いてます。


交通事故治療 「腰痛」

一般的な腰痛の原因は日常生活における不良姿勢・スポーツ選手における無理な練習・労働者の作業姿勢など様々です。
一方で、交通事故による腰痛は外部からの強い衝撃により、腰を強打したり、腰が捻れてしまうことにより急に痛みが走ります。

当院に通院されている患者様でよくある症状が「電気が走るような痛み」、「腰を曲げると鈍痛が走る」、「立ち上がる時に痛む」、「長く立っていたり、座っていたりすると痛む」などが挙げられます。

そのような症状に対して、SAKIUITAでは以下のような治療を施します。

まずは、どのような時に痛みが出るかを患者様と一緒に確認し、原因を追求していきます。
患者様によって、症状は異なるので、ここでは最も多い症例をご紹介させて頂きます。

初期段階(急性期)としては、腰を支えている殿部(おしり)の筋肉、ハムストリング、股関節、腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)の筋の緊張を取り除き、腰に対して間接的にアプローチしていきます。(画像参照)

腸腰筋

それによって、腰周辺の筋肉の緊張が和らいできて、痛みも徐々に和らいできます。

腰に対しての直接的なアプローチは、痛みを増強させたり、症状を悪化させる可能性があるので、初期治療ではあまり行ないません。

痛みが取れてきたら、上記の治療と同時進行で、腰に対して直接アプローチを行い、痛みをさらに取り除き、腰の可動域を広げていきます。
また、予防法として、臀部と股関節のストレッチ指導や筋力向上を目的とした運動療法も取り入れていきます。

以上が、交通事故による腰痛の症例報告でした!