肘内障 ~子供の腕が抜けた・子供腕が痛くて動かさない、泣き止まない~

肘内障は1歳~小学校に上がるまで(一般的に7歳頃まで)の小児に起こり得る肘周辺の脱臼の事を言います。

親が子供の手首を掴んで急に引っ張る。転んだ子供の手を引っ張って起き上がらせる。

鉄棒にぶら下ったり親に両手でぶら下ったりする。このような時に脱臼を起こします。

前腕(肘から手首まで)の外側の骨を橈骨(とうこつ)と言います。

この骨の肘側の部分を橈骨頭(とうこつとう)と呼びます。

橈骨頭は大人になるとキノコの傘のような形になりますが7歳くらいまでは傘が出来ず

まっすぐなままなのです。

橈骨頭には輪状靭帯という輪っか状の靭帯に納まっていて外れないようになっていますが

小児の頃には橈骨頭がまっすぐな為にスルっと輪状靭帯から外れてしまう事があるのです。

この輪状靭帯から橈骨頭が逸脱した状態の事を「肘内障」と呼びます。

 

肘内障はSAKIUTAで対処できる。

目黒・白金台という土地柄、お子さんが多い地域にあるSAKIUTA。

日曜、祝日も営業しているので肘内障を発症し来院される方が多いです。

来院時の子供の症状は、肘をやや曲げた状態で腕自体を全く動かそうとしない。

肘周りを反対の手で抑えている。この2点です。

上記に書いた受傷機転後に腕をだら~んとして動かさない。このような場合は

まず肘内障を疑いましょう。

SAKIUTAでは整復処置を行えますので、万が一の際はご来院をおすすめしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>